社会福祉法人若竹荘

 

お問い合わせ先↓

TEL: 0533-86-2533 / FAX: 0533-86-2955

Email:wakatake@sage.ocn.ne.jp

 

〒442-0007 愛知県豊川市大崎町下金居場55番地

Copyright © 2012 Wakatakeso. All rights reserved.

母子生活支援施設若竹荘

母子生活支援施設は、家庭生活における解決し難い様々な問題と保護すべき児童を抱えた母親が、児童と共に社会の中で、健康で文化的な生活をおくられるよう援助、保護します。
そして、生活、教育、就職等の母子生活世帯の遭遇する問題について、その解決の場の提供するとともに、母親が児童の養育を図りながら、福祉を保障していけるよう努めます。

基本理念

母親と子どもの権利を擁護し、安心・安全・安定した生活の営みを支え、

常に利用者の最善の利益に配慮し、自立に向けた支援を行う。

基本方針

●人権の尊重

母親と子どもの人権を尊重し、権利を擁護する。 

 

●利用者を主体とした支援

母親と子どもの安全に配慮し、安心して安定した生活が営めるよう環境を整える。

 

母親と子どもそれぞれに本人の意志を尊重しアセスメントを行い、

自立支援計画を策定し、計画に基づき支援を行う。

 

入所から退所後のアフターケアまで、地域社会での自立した生活を見据え、

自らの意志で問題解決に向かえるよう、関係機関と連携を密に一貫した支援を行う。

 

子どもの健やかな育ちを保障するため、母親の願いや子どもの気持ちに寄 り添い、

家族の関係を調整し、発達段階に応じた養育・教育の支援を行う。

 

DVや虐待による心身のダメージからの回復をめざし、

医師や専門機関、 学校、保育所等との連携を密に支援に取り組む。

 

●関係機関との連携

福祉事務所と密に連携を図り、利用者個々の状況に応じ、

関係機関や社会資源を活用し、適切な支援を行う。


関係機関、団体ネットワークの中で情報の共有化を図り、

社会的養護の資源の一員としての役割を果たす。

 

●地域との連携

母親と子どもの安全を守りつつ、地域住民として、地域の取り組みに無理なく参加 できるよう配慮する。

 

施設が地域での役割を果たすと共に、施設の目的や機能を説明し、地域の中で理解されるよう努める。

 

施設機能の専門性を活かし、地域の子育て家庭やひとり親家庭の相談支援に応じる。 

 

●支援の質の向上

職員は、常に利用者の最善の利益を願い、適切な支援を行うため、

専門性 と倫理性の向上に主体的に取り組む。

 

職員の職務、キャリアに合わせ、施設内外の研修計画 を適正に策定し、その成果を共有し、

支援に反映させる。

 

施設長、基幹的職員によるスーパービジョンを行い、職員への援助を行う。

 

●適正な事業運営

法令を遵守し、適切な情報の公開に努め、社会的養護を担う施設としての 責務を果たすため、

事業運営の維持発展に努める。 

 

●行事

若竹荘(母子生活支援施設)では季節ごとに様々な行事を実施しています。

この他にも、学童レクリエーション(遠足)、各種訓練などを行っています。 

 

 

▼年間行事予定

 

 4月  お花見散歩

 

 5月  親子バスピクニック  健康診断  清掃活動


 6月  居室内消毒

 

 7月   七夕会

 

 8月   学童サマーキャンプ


 9月   お月見会  防災レクリエーション  清掃活動


10月    親子バスピクニック  子育て講演会  健康診断

 

11月    たけのこ祭り  七五三祈祷


12月    クリスマス会  ミュージカル観覧  大掃除・もちつき会

 

 1月    新年会


 2月    節分豆まき会


 3月    ひなまつり会  本宮山登山